山行記録

足和田山 2008年9月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種データ
山名 足和田山(あしわだやま)
日程 2008年9月6日(土)
標高 1355m(足和田山)
歩行距離 不明
歩行時間 約2時間25分
ルート 富士急行河口湖駅(11:00/11:20) → (タクシー) → 自然歩道入口(11:35/11:45)
→ 足和田山(12:45/13:10) → 三湖台(13:50) → 氷穴バス停分岐(14:25)
形式 電車/一般登山道・周遊
パーティー 9人
地図 Yahoo!地図情報
メモ 青木が原樹海の向こうに富士山、眼下には富士五湖(全部いっぺんには見えませんが…)が望める山。

準備体操 都心では小雨が降る天気だったのに、大月を過ぎると徐々に晴れだし、期待が膨らんでいたけれど…。電車が30分以上も遅れ、予定していたバスに乗り遅れてしまいました。タクシーで登山口へ到着。
登山口は鮮やかな緑のトンネルでした。気温もそれほど高くないのですが、風が弱くてちょっと暑い上に、結構急です。 緑のトンネル
ゴールイン! 1時間で山頂へ到着。トレイルの大会が開かれており、あちこちに進入禁止を示すロープが張られていました。あ、ただいま青年山の会会員も一人ゴールイン……のまねだけです。
山頂の展望台からは、富士山こそ雲に隠れて見えませんでしたが、周りの山が眺められ、気持ちいいです。展望台の下をトレイル大会の参加者が次々と通過していきます。どうやら山頂付近では有名人(!?)がランナーを応援しているようでした。 山頂から
お昼ごはん この二人はいつも一緒に食事していますね…。邪魔しないでおきましょう。
この日は参加人数が少なく、ちょうどいいぐらいのパーティーでした。山頂の標識前でパチリ。 集合写真
下り道 下山道はトレイル大会コースと逆ルート。割と余裕のありそうな顔のランナーもいれば、今にもぶっ倒れそうな必死の形相であえぐ方も…。
三湖台へ到着。早速ポーズをとる会員約一名。 はい、ポーズ
樹海 語らう二人の向こうには、ずっと奥まで緑一面の樹海が広がっていました。眼下に邪魔する木がない分、山頂よりも景色がいいかもしれません。何より、あたりが広いのが気持ちがいいです。
下山途中の売店付近には、白い花がたくさん咲いていました。 白い花
氷穴にて 下山後は、氷穴と風穴を見学。
洞窟好きの自分にとっては興奮の連続。昔は繭とか保管してたのね~。 風穴洞内にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

入会は
コチラ