山行記録

2019.8月24日(土)~25日(日)定例山行 夏山 常念岳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

        登山の目的

今回は日本百名山、常念岳でのテント泊登山。

参加メンバー

9名

ルート詳細

【コースタイム】
<1日目>
06:40  一ノ沢登山口
08:15 大滝
10:15 胸突八丁
10:40 最終水場
11:40 常念乗越
(~12:30 テント設営・昼食)
13:45/14:15 常念岳山頂
15:00 常念乗越

<2日目>
06:30 常念乗越
08:55 大滝
09:50 一ノ沢登山口


感想/記録

早朝の登山開始に間に合うよう、3チームに分かれて前夜発で集合。
当日の朝は青空がのぞき、少しひんやりとしていたが、空気が澄んでいてとても清々しい!
駐車場から20分ほど歩くと、一ノ沢登山口に到着。
登山届を出して準備を整え、いざスタート。

一ノ沢からのルートは基本的に沢沿いで、胸突八丁まではなだらかな道が続く。各所で休憩を挟んだ際には、沢の水で遊んだり、木陰でゆっくりすることができた。

胸突八丁からは木製の階段が

用意され、急登が続く。時折、ひらけた所で吹いてくるそよ風が気持ちよかった。最終水場で水分補給し、さらに上を目指す。

そして登り続けること約50分、ようやく常念乗越に到着!常念小屋の背景にくっきりと見える槍ヶ岳に一同感動した。

さっそく常念小屋近くのテン場に移動。今回は、6人用と4人用のレンタルテントもあったので、皆で協力して幕営。普段はあまり使わない大人数用のテントは、なんだかテンションが上がった。

幕営後は、テン場から北アルプスを眺めながらお昼ご飯を食べ、いよいよ常念岳山頂へ出発する。

山頂への道のりはひたすら岩場なので、浮石や落石に注意しつつ足を進める。1時間ちょっと歩くと、頂上に着く。山頂は360度の大パノラマで、見晴らし抜群。暫し写真撮影を楽しんだ。

山頂から常念乗越に戻った後は、日暮れまでのんびりと過ごす。

 

6人用テント組は、夕食後に大富豪で遊んで盛り上がっていた。夜は少し冷え込んだが、19時過ぎには就寝し、身体を充分休めることができた。

翌日は、早朝に少し小雨が降ったものの直ぐに止み、雲一つない青空が広がった。

テントを撤収し、6時半に下山開始。そしてほぼコースタイム通りに、無事、一ノ沢登山口に到着した。

 

下山後は、車で数分ほどの場所にある「ほりでーゆ」へ。露天風呂に浸かりながら、周りの山並みを眺めることができ、汗を流すとともに疲れが癒された。施設内のレストランで昼食をとってから、それぞれ帰路についた。

今回の常念岳山行は、終始、沢の音や鳥のさえずりを聞きながら、そして素晴らしい景色を眺めながらの、大満足の2日間となった。

 

 

2019年活動記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

入会は
コチラ